オックスフォードの種類。

オックスフォードシャツ。
みんな一枚は持っている、定番のシャツ。

そんなオックスフォードの生地には、実はいくつかの種類があるんです。
みなさん知ってました?

ロイヤルオックスフォード


オックスフォードに比べ細い糸を使っています。
糸の番手でいうと100番手以上の高番手のものを使います。
細い分、密に織り込めるので、光沢があり、ビジネスやドレッシーな場面で使えます。

さらに肌触りがよく、通気性と吸湿性が良いので素肌に来ても汗が目立たず、体に張り付きづらいという特徴があります。

汗かきだけど、高級感のあるシャツを素肌に着たいという、おしゃれ意識の高いあなたにお勧め。

ピンポイントオックスフォード


オックスフォードに比べ細い糸、ロイヤルオックスより太めの糸を使います。
糸の番手でいうと80~100番手の糸あたりの糸になります。

ロイヤルオックス同様光沢があり、ビジネス、ドレスシーンに使えます。
素肌着用でも通気性、吸湿性が良いので素肌着用もokです。

ロイヤルオックスより、多少ラフな感じの印象です。

オックスフォード


最後にみんな持っているであろうオックスフォード。


出典:donuts (ドーナッツ)

カジュアル向きで、ビジネスやドレスシーンには向きませんが、普段使いでさらっと着るには抜群です。厚手の生地で、肌触りも柔らかく、ジーンズやチノパン、はたまたハーフパンツにもバッチはまります。

ロイヤルオックスやピンオックスもいいですが、気軽に着れるオックスフォードはやはり外せないですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. オックスフォードシャツの名前の由来

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

スポンサーリンク

PAGE TOP